Q&A

contact_tel.pngお問い合わせ

2017.01.26更新

Q.
うつ病は自力で治すことは可能ですか? もうどうしたらいいかわかりません。死にたいと思ってしまいます。鬱病は薬でしか治せませんか?お金をかけずに自分で治す方法などあれば是非教えてくださいお願いします。

A.
死にたいと思ってしまう中でも、何とか生きておられてよかったです。今はどうしたらいいかわからないということですが、うつが強いときには、あわてて物事を判断しないほうがいいでしょう。お具合の悪いときにはではわからなくてあたりまえなのです。つらいですが、よく耐えておられるように思います。混乱しているときには深呼吸をしばらくしてください。多少は楽になります。深呼吸をしばらくして落ち着いているとき、少しお具合がよくなってきたときに大切なことを考えるようにしてください。今はつらくても、死ぬ必要はありません。必ずお具合はかわります。うつ病になっても、お薬を嫌がられる患者さんもおられます。薬を服用しない場合には日常の過ごし方がとても大切なのです。規則正しい生活と、できるときには散歩などの運動を心掛けてください。運動がうつの症状をよくするという報告があります。日光を浴びることと運動が夜間の睡眠と規則正しい生活の助けになります。
食事では野菜と果物、肉よりは魚をとってください。それぞれうつの予防になるという報告があります。対人関係では、なるべく自分の意見を強いることなく、お話を聞いてくれる人、お気持ちを受け止めてくれる人と付き合うようにしてください。お気持ちを出す場があることはとても大切です。うつの時には、意見を押し付ける人や、励ましてくる人は負担になるものです、もしお金が都合がつくなら、カウンセリングをうけることも一法でしょう。仕事についてですが、今のお具合では、なるべく負担を減らしたほうがいいでしょう。当たり前のことですが、命のほうが仕事より大切だからです。仕事がもし休めないとのことであれば、心療内科や精神科を受診すれば、診断書をかいてもらえますので、休みやすくなります。考えかたについてですが、うつ病は、つらいですが、自分の過ごし方やものの考え方を見直す機会になります。少し落ち着いているときに今までどのようにつらい時期を乗り越えてきたか、自分なりによかった時期はどのように過ごしてきたか、ふりかえってみてください。そこに回復のヒントがありますから。過ごし方ですが、私がうつで療養中の患者さんにお伝えしているのは、「小さいこと、楽しいこと、好きなことを考えればいい」ということです。うつの時にはエネルギーが乏しく、どんなことでもおっくうなものですから、ハードルの低いことから取り組むようにしてください。お薬を使わなくてもよくなる人は少なからずおられます。今はつらくても、いままで何とか生きてこられたし、うつ病を治したいと思い、今もこのようにご質問される努力までされているのですから、今後必ずいい方向に向かえると思います。今はつらいですが、うつ病の改善には数か月はかかることが多いですので、焦りすぎず、休みながら、自分のペースで取り組んでください。もし死にたいというお気持ちが続いたり、不眠や食欲低下など、生活に影響する症状が続くのであれば、精神科をご受診されたほうがいいでしょう。お薬には生活のハードルを下げ、気持ちを落ち着かせる効果があります。お金をかけずにとのことですが、お薬で楽になってから、うつ病の養生に取り組む方法もあります。一時的に服用したとしても、よくなってからまたお薬はへらせばいいし、へらすこともできます。
ご参考にしてください。

投稿者: 町田まごころクリニック

NPO法人ここからねっとまごころプリント ~ 悩んでいる方のために ~院長ブログ
森田療法を学ぶNPO法人ここからねっと